1

ジャンガリアンハムスター 飼い方

【ジャンガリアンハムスター 種類】色とハムスターの一覧を整理!

2018/05/21


 

今回はジャンガリアンハムスターの色の種類。そして、ハムスター全般の種類を一覧を使って解説していきます!!これを機会にジャンガリアンはハムスターの中で、どのような位置づけなのか?

 

他のハムスターとの違いはなんなのか?など、抑えておきましょう。知っておけば、今後のハムライフを楽しむ上で役に立つと思います☆

ジャンガリアンハムスターの色の種類は4つ☆

過去の記事でも触れましたが、ジャンガリアンが人気なのは「おとなしく」「人になつきやすい」「色の種類が豊富」と3拍子揃っているためです。

色:「ノーマル」タイプ

hamster-1772742_960_720

灰色と茶色がまじった一般的な色と言われています。一番、ネズミっぽい色と言われれば確かにそうですが^^;初めて見た時は「ハムスター感」のようなインパクトがあまりない印象でした^^;慣れなんでしょうね^^;

色:「スノーホワイト」タイプ

small-3162232_960_720

スノーホワイトといっても、顔と背中に薄く灰色の模様が有る場合があります。「ハムスター感」はありますね☆この品種は人気なせいなのか、少なかった印象をうけました。少し値段が上がる可能性があります。

色:「イエロー(プディング)」タイプ

IMG_20170911_071953

*すいません。我が家プリンです^^;

 

全身が黄色くイエロージャンガリアンとかプリンのような色をしていることからプディングジャンガリアンとも言われてます。これも「ハムスター感」はバッチリありますね。動物で黄色ってなかなかいないですよね^^;そのインパクトにやられ購入してしまいました^^

色:「サファイヤブルー」タイプ

IMG_20170828_083815

*すいません、我が家のモカです(汗)

 

青みがかったうすい灰色の毛並みが特徴的です。成体になるにつれてより灰色感が強くなる印象ですね。サファイヤブルーといっても「ハムスター感」という観点では「普通っぽい」印象でした。手を差し伸べたら、他のハムちゃんは逃げたのに、このモカは一番最初に手に乗ってきたので即決しました^^

 

ジャンガリアンの購入の基準は?

色が違うだけで、飼育の方法は同じです。なので選ぶ基準は「直感と好み」「オスなのか・メスなのか」「仕草」などでしょうか。私は一番最初に手にのってきたモカと、回し車をよけたときの「寝ぼけ顔」の可愛らしさでプリンに決めてしまいました。

 

その他「目の色」が赤いハムちゃんもいます。判断材料にいれておきましょう。

 

ハムスター(商品)に傷がついてないかどうかは、購入するときに一緒にチェックしてくれました(ペットショップのコジマさん)。これをやらないお店は避けた方がようでしょう。

 


失敗しないように、事前に自分の好みをメモする!!

若干失敗談ですが、私の場合は可愛すぎて、理性が飛び、直感だけで購入してしまいました^^;ペットショップの店員さんに説明されている途中で両方ともオスということに気づいて安心しましたけど^^;

 

複数飼い検討の方は、子ハムスターが沢山生まれて大変なことを想定して「オスとメス」は避けましょう!!まぁ、1匹飼いが基本ではありますが・・・。

 

なので、メモなどに箇条書きでいいので、まとめてお店に行くことをおすすめします☆

 

2匹飼いを検討している方はこちらの関連記事☆

>>【ジャンガリアンハムスター】飼い方 2匹は良いの?悪いの?

 

ハムスターの種類の一覧を紹介☆

ハムスターには「大型と小型」がいます。大型のゴールデンハムスターしか販売されていない時代もありました。品種改良などで小型(ドワーフタイプ)も登場してきました。簡単に一覧にするとこうです。

大型タイプ  ゴールデンハムスター
   キンクマハムスター
小型(ドワーフ)タイプ  ジャンガリアンハムスター
   キャンベルハムスター
   チャイニーズハムスター
   ロボロフスキーハムスター

大型タイプ:特徴・飼いやすさ☆

hamster-1596819_960_720

ゴールデンハムスター

 

王道の「ゴールデンハムスター」はハムスターのなかでは一番大きく育つ。大体85~150g(単三電池4~7本ほど)。大きさは15~20cmくらいになる。ペットボトル500mlくらい。けっこう大きいですよね^^;しかし、重量感があり小型のハムスターに比べてペットを「触っている感」は十分にあります。

 

 

性格も温厚で人になつきやすい。しかし、他の種類のハムスターに比べて「縄張り意識が強い」。なので1匹飼いが基本。私的には1匹飼いなら大型がおすすめです。やっぱり、持った時の「重さ」と「毛並み感」そしがたまらないです^^

 

「キンクマハムスター」はゴールデンハムスターを品種改良させた種類。なので、どこの国が出身ということはありません。がしかし、基本は大型のゴールデンハムスターと同じ飼い方でいいと思います。

 

hamster-690108_960_720

キンクマハムスター

 

なので、大型ハムスターを飼うと決めたら、色が豊富なキンクマも選択肢にいれておいておきましょう。この薄い綺麗なクリーム色がなかなか絵になりますよね^^他にもシルバーグレー、バイオレットなどなどありますよ☆

 

小型(ドワーフ)タイプ:特徴・飼いやすさ☆

ペットショップによって、ドワーフハムスターと呼んだり、原産国のシベリアハムスターと呼んだり、ロシアンハムスターと表記してある場合があります。

 

初心者向きの2種しか置いてないところが多いです。ジャンガリアンハムスター(シベリア、ロシア)かロボロフスキーハムスターの2種類です。

 

ハンドリングしたり、一緒に遊んだりしたいなら「おとなしく、なつきやすい」ジャンガリアン。

 

臆病ですばしっこいが、小さくて愛くるしい姿を観て楽しむならロボロフスキー。とまったく意見が分かれれる小型のハムスター。

 

【ジャンガリアンの特徴】

 

2018-01-27 23.14.11

*我が家のハム達です(汗)

 

ドワーフタイプの中では「おとなしい」「人になつきやすい」ことからお世話がしやすいと言われています。もちろん、なつくには小さい頃から根気強く手でエサを渡してあげるのがいいでしょう。

 

大きさは7~13cm。缶コーヒー(185ml)より一回り小さいくらいです。30~40g(単三電池2本ほど)。複数飼い可能。ハンドリング可能。

 

 

【ロボロフスキーの特徴】

 

a1380_000079

 

触れ合うのは難しいかもしれません。「臆病」「すばしっこい」「なつきにくい」と言われています。大きさは7~10cm。ピンポン玉より1・2周り大きいくらい。15~30g(単三電池1本前後)。複数飼い可能。

 

お世話は少しだけ大変かもしれませんが、愛くるしい表情やしぐさだけで「萌え」てしまうのは確かです^^

 

【ジャンガリアンハムスター 種類】色と一覧まとめ☆

ハムスターの全体像は見えましたか?簡単に言えば、大型はゴールデン・キンクマ。小型はジャンガリアン・ロボロフスキー。この4択になると思います。それではこの記事を整理してみますね☆

 

1.ハムスターには大型と小型がいる。

2.1匹飼いにするか複数飼いにするか事前に決めておこう

3.繁殖目的でなければ、オスとメスのつがいは避けよう

 

それでは最後まで有難うございました。楽しいハムライフを☆

 

我が家のジャンガリアンの動画です。

 

 

関連記事☆

>>【ジャンガリアンハムスター】飼い方 2匹は良いの?悪いの?

>>ジャンガリアンハムスターの色の人気の順番は!?

>>【ジャンガリアンハムスター】飼い方 初心者の用意すべきもの6選!!

>>【ジャンガリアンハムスター 飼い方】冬の注意すべき飼育法・グッズ!

>>【ジャンガリアンハムスター 噛む】出血するほど。理由や特徴!?

スポンサーリンク

-ジャンガリアンハムスター 飼い方