nkj56_youshotosankirasu_tp_v

初心者 記事作成

文章に○○を2回入れると劇的に観やすくなる方法!!

2018/12/03


余白の美とは何か?

 

今回は改行や余白についてのお話です。読者が見やすく、さらに自分の書いた記事が読まれやすくなる、やらには検索エンジンにも評価されやすい書き方を紹介します。すごく、簡単です。ずばり!「余白」と「改行」を上手くつかうことです!!

nkj56_youshotosankirasu_tp_v

(画像https://www.pakutaso.com/20130511122post-2691.html)

例えば、前回の記事の一部を使って説明していきますね。

これは前回の記事の文末の部分なのですが

ということでワードプレスで画像・動画を記事に入れる方法を紹介しました。基本は紹介したフリー画像と文字だけで、全然、読者は喜んでくれます。どうしても動作やイメージが文字だと伝わりづらいなどを説明するときに動画を使うという選択肢くらいでいいかと思います。クライアントが何文字といっているのに、画像や動画にこだわっても、文字数が増えないので^^;基本は【赤文字デカ文字文字背景、画像】で文章にメリハリをつけることができますので、この4つをマスターすれば記事作成のお仕事には困らないでしょう。

 

まぁ、これくらいの量ならギリギリ読めなくはないです。何となく長ったらしく感じるといえば感じるし、けっこう文字の羅列感みたいな印象を受けますね、場合によってはここで読まずにサイトを離脱してしまう人もいるでしょう。では次に、この文を句読点で区切るとこうなります。

 

ということでワードプレスで画像・動画を記事に入れる方法を紹介しました。


基本は紹介したフリー画像と文字だけで、全然、読者は喜んでくれます。

どうしても動作やイメージが文字だと伝わりづらいなどを説明するときに動画を使うという選択肢くらいでいいかと思います。

クライアントが何文字といっているのに、画像や動画にこだわっても、文字数が増えないので^^;

基本は【赤文字デカ文字文字背景、画像】で文章にメリハリをつけることができますので、この4つをマスターすれば記事作成のお仕事には困らないでしょう。

 

んー、今度はバラバラ過ぎて、落ち着かないというか、かえってわかりづらくなってる気がしますね。1行になっていたり、中途半端に2行になっていたりと・・・

 

あとはスマホ用に親切に改行を多くして書いているブロガーさんもたまにいらっしゃいます。

ということでワードプレスで

画像・動画を記事に入れる方法を紹介しました。

 

基本は紹介したフリー画像と文字だけで、

全然、読者は喜んでくれます。

 

どうしても動作やイメージが

文字だと伝わりづらいなどを説明するときに

動画を使うという選択肢くらいでいいかと思います。

 

クライアントが何文字といっているのに、

画像や動画にこだわっても、文字数が増えないので^^;

 

基本は【赤文字デカ文字文字背景、画像】で

文章にメリハリをつけることができますので、

この4つをマスターすれば記事作成のお仕事には困らないでしょう。

んー、おしい!!悪くはないですけど、なんか読むのが忙しい感じですね。スクロールもたくさんしないといけないですし・・・実はブログ始めた頃の私がこうでした^^;ではどうすればいいのでしょう?答えはパラグラフ単位で改行をしてあげることです。

 

パラグラフ単位って何?文の塊?

パラグラフっていきなり言われても、わかんないですよね。こんな感じです。

ということでワードプレスで画像・動画を記事に入れる方法を紹介しました。基本は紹介したフリー画像と文字だけで、全然、読者は喜んでくれます。どうしても動作やイメージが文字だと伝わりづらいなどを説明するときに動画を使うという選択肢くらいでいいかと思います。

 

クライアントが何文字といっているのに、画像や動画にこだわっても、文字数が増えないので^^;基本は【赤文字デカ文字文字背景、画像】で文章にメリハリをつけることができますので、この4つをマスターすれば記事作成のお仕事には困らないでしょう。

どうですか?スッキリしてみえませんか?これがパラグラフ単位(文の塊)で区切るということです。文章の途中でポンポンって2回「ENTER」を押しただけで、こんなに観やすくなります。

 

128文字がいいとされてます。私はいま感覚でやってみたのですが125文字でした。いちいち文字カウントツールとか使わなくても、自分のPCの画面の大きさだと1行と半分くらいで128文字前後になるのをわかっているからです。

 

厳密にいうと、パラグラフとは1つの意味のまとまりという意味です。ここではあくまでも、読者が見易い文の塊と検索エンジンに評価されやすいという意味での説明をしています。凄く簡単ですよね!!ENTER2回押すだけですから。みなさんも、一度自分のPC画面で128文字がどれくらいなのが試してみてくださいね。きっと、観やすくなると思いますよ。

 

パラグラフに例外もある

例えば次の文があるとします。この7か条はけっこう有名でしたね。

西島秀俊と言えば、かつて結婚について7つの条件を掲げていたという。具体的に挙げると下記の通りである。
1.仕事のワガママは許すこと
2.映画鑑賞について行かない
3.目標を持ち、一生懸命な女性
4.“いつも一緒”を求めない
5.女の心情の理解を求めない
6.メール返信がなくてもOK
7.1カ月半会話なしでも我慢すること

(引用元http://news.livedoor.com/article/detail/9549623/)

超素直な方は「128文字ね、わかった」といって、こんな風にする方が、たまーーーーにいらっしゃいます^^;その素直さは評価しますが・・・

西島秀俊と言えば、かつて結婚について7つの条件を掲げていたという。具体的に挙げると下記の通りである。1.仕事のワガママは許すこと2.映画鑑賞について行かない3.目標を持ち、一生懸命な女性4.“いつも一緒”を求めない5.女の心情の理解を求めない

 

6.メール返信がなくてもOK7.1カ月半会話なしでも我慢すること(引用元http://news.livedoor.com/article/detail/9549623/)

この箇条書きを無理やり、パラグラフにするとこうなります(+*;これはわかりやすく、極端な例ですが、こんな人は実際にいません。だけど、たまーーーに近い方はいらっしゃるようです。説明するまでもなく、みづらいのはわかりますよね。

pak85_mitukattahoukokusyo20140905_tp_v

以上のことを踏まえた上で、文章作成すると読みやすくなるし、検索エンジンにも評価され、より記事を多くの方に読んでもらえる可能性が増えますよ。ということで今回は余白と改行の使いかたの記事でした。最後まで有難うございました。

スポンサーリンク

-初心者 記事作成