a0055_000179

初心者 記事作成

タイトルや小見出しのつけ方

2018/12/28


タイトルや小見出しのつけ方

記事作成(ライティング)でお小遣いを稼ごうとするならば、前回も話たのですが、クラウドワークスにタイトル指定で記事作成の案件が山のようにあります。

例「瞑想 やり方 簡単」で1記事書いてください的な案件が多いということですね。

 

まあ、タイトルはクライアントさんが付ける場合が多いのですが、自分で付けてみるとけっこう記事の方向性が決まり、書きやすいものです。極論をいってしまえば「瞑想 やり方 簡単」というタイトルを貰ったら、そのまま「瞑想のやり方で簡単な方法は!?」と付けるのが一番簡単なつけ方です。

 

分解すると「瞑想 やり方 簡単」のキーワードに「の」「で」「な方法は!?」をつけ加えただけですね。「簡単な瞑想のやり方」でも同じ事と思うかもしれません。がしかし、クライアントが観ているのは同じ意味になればいいという点ではなく、検索エンジンに見つけてもらいやすいかを観ています。

 

なので、タイトルをもらったらキーワードの順番を崩さずに簡単な肉付けをするのみにとどめておくのが、好ましいでしょう。なんで検索エンジンを意識しているのかは言うまでもないですが、せっかく良い記事を書いても検索エンジンに見つけてもらえず、埋もれてしまう危険があるからです。

a0002_009497


簡単に言うと、本屋さんでいうところの新しくて面白い本があるのに、へっぽこ店長のセレクトでその面白い本が倉庫にしまいっぱなしの状態です。これだと、せっかく売れる本が売れないまま終わってしまうということになります。

 

検索エンジンに褒められるタイトルとは!?

では検索エンジンに褒められるタイトルとはなんでしょう?それは世の中の人が検索した「キーワード」ということになります。例えば「瞑想 やり方 簡単」と世の中の人が調べたとします。するとオススメキーワードなどにこのキーワードがでてきます。なので、あとから検索する人はいちいちこの3語キーワードを打ち込んで検索する必要がなくなるわけです。

 

既にオススメキーワードが表示されている訳なので、それをクリックするだけでいいですよね?あとは自然にそのキーワードに人が集まってくるという流れです。もっと複雑な要因が絡んできますが、ここでは簡単に説明してます。

 

なので、意味が同じだからといって「難しくない!シンプル瞑想法」なんて自己流で変えてしまうと、たとえ中身が良い記事でも、オススメキーワードとして表示されていないので、いちいち打ち込んで検索してこられる一部のマイナーな方しかこなくなってしまいます。

 

なのでクライアントから渡されたタイトルを崩さず、肉付けするのが重要だったりします。

 

小見出しを関連キーワードで作ってしまう!?

「えっ?何言ってるの。当たり前じゃない」と思う方も多いと思います。タイトルに関連したコラム(小見出し)を書くので必然とそうなります。

 

自分で上手く思いつく場合はそのまま執筆を続けてokです!

 

でも、深く掘り下げようとして、なかなかネタが思いつかずに、行き詰まる時ってありますよね。そんな時は「深くではなく、広く話題を展開します」

 

「グッディキーワード」を使って過去に需要があったキーワードを拾って小見出しを作ってしまいましょう。且つ、文字数も増えるので一石二鳥ですよね。

https://goodkeyword.net

 

クライアントさんから頂いたタイトルのキーワードとは被っていないものを選んでネタを広げることができます。

 

さらに「需要のあるキーワード」を使った小見出しがあることでより、検索エンジンに強い記事になります。私なら非常に嬉しいですね☆

 

まあ、あくまでも思いつかなくて困った時の方法です。なかなか、使える手法だと思いますので参考にしてみてください。

 

インパクトがあるタイトルのつけ方

渡されたタイトルを魅力的に付ける方法とは?意外と身近にあったりします。テレビとか雑誌を見てると「~がヤバイ」とか「~な件」とか「○○だった!?」など多いですよね?それをそのまま真似すればいいだけですね。例えば

a0055_000179

「瞑想のやり方が簡単過ぎてヤバイ○○法とは!?」と「瞑想のやり方は簡単だった!?」の似たような記事があったら、どちらを観ますか?前者が多いのではないでしょうか。キーワードの順番もちゃんと守られてますよね。付け足したのは「過ぎてヤバイ○○法とは!?」だけです。

 

そう、ピンときた方もいると思いますが、文末に付けるだけです!!雑誌やテレビで使われている部分を真似ただけなんです。クライアントさんもきっとこれで付けている人も多いはず、きっと・・www。ちなみにこの記事自体は検索ユーザー向けというより、純粋に初心者が記事作成するならというコンセプトで書いているので、観てわかるとおりド派手なタイトルはあえて避けてます^^;

 

派手につけるとしたら

「タイトルや小見出しのつけ方」

↓↓

「タイトルや小見出しのつけ方が上手くなるヤバイ3つの文言」とかでしょうか。いまいちな感じもしますけど^^;ネタにもよりますが、ググっと引きつけられますよね!?まだまだたくさんありますが「~した結果」とか「~はこれwwww」など、私が得意なのは2ch風なのが多いですね。2chまとめ好きな方は記事観るついでに、タイトルも真似てみてください。

a0055_000428

これを意識して、自分が好きなジャンルの雑誌を観るとブログのタイトルに使えるタイトルの共通点が見つかるかもしれません!!是非、おすすめです。ということで今回は「タイトルや小見出しのつけ方」の記事でした。最後まで読んでいただき有難うございました。

 

 

スポンサーリンク

-初心者 記事作成