1

ヒキガエル 飼育

ヒキガエルの身体はヌルヌルしていない!誤解を解く【魅力】

2021/12/13


 

ヒキガエルと聞くと、知らない方は「うわ・・ヌルヌルして気持ち悪い」「イボガエルだよね?」「画像をみるのも嫌だ」と拒絶反応をする方ってけっこういますよね?飼っているペットでヒキガエルというと「・・・」みたいな反応をしながら、このようなことを思っているのでしょう(笑)

 

ということで、今回はそんな誤解を解くべくヒキガエルの魅力を語りながら、詳しく説明していきたいと思います。これから「ヒキガエル」飼ってみようかなっと迷っている方へ向けて書いていきたいと思います^^

 

ヒキガエルの身体はヌルヌルしていない!ある意味ゴジラみたいでカッコ良い奴だ!

答えはNOです!!まずは一番初めにこの質問がくるでしょうと思い即答しておきます(笑)他の記事でも少し触れたのですが、ヒキガエルって両生類なんですけど、爬虫類と両性類の中間っぽい感じなんです。

 

 

 

背中のイボみたいのを撫でるとどちらかというと固いですし、ヌルヌルしてないです。むしろ「撫でるとキュキュ」って感じですよ。ずっと撫でたくなるくらい癖になる感触です。イメージ的に背中側は健康サンダルのイボイボを少し柔らかくした感じでしょうか^^;

 

他のカエルが四六時中ヌルヌルなのに対して、ヒキガエルはヌルヌルしない。しかし、ヌルヌルするタイミングはあります。それは脱皮中の時です。古い皮を脱ぎ捨てて新しい皮にしている最中はヌルヌルします。なので、皮膚が艶々しててテカってるなと思ったらそれは脱皮直後ということです。

 

触らないで優しく見守っておきましょう^^

 

ヒキガエルのお腹は風船みたいだ!

さすがに両性類なので、お腹は少しだけ湿っている感じです。脇プニ(脇腹)をさすると風船みたいに「キュッ、キュッ」と音がします。あまりやると怒って膨れます。それがまた可愛いのですが・・・^^

 

 

2匹にすると片方が背中に乗って脇腹を掴むと「ク、ク、ク」と鳴くことはあります。夜寝ているときに「ク、ク、ク」と聞こえて来る時がありますが、気になるほどうるさくないですよ。愛ゆえになのかもしれませんが・・・^^;なので、1匹で飼っていると静かに「お風呂に入ったり、宙を見上げたり」と様々な一面を観賞できますよ~^^

 

 

ヒキガエルは気持ち悪くない!!どん臭くて憎めない可愛い奴だ!!

ヒキガエルは状況によっては害虫(G)も食べてくれるし、飼い主に笑顔」と「安らかな心持」を与えてくれる良いペットだと思います。突然、スイッチが入ったように宙を見上げたりしてる時はけっこう癒されますよ~。

 

 

餌入れに片腕を乗せて「餌くれ!」アピールする時もあります(たまたまか・・)ドン臭いと思いきや、やさぐれた面も見せてくれます^^こんな時は速やかに餌入れに餌を入れてあげましょう~。

 

 

「動きもゆっくり」ですし、「たたずまいもどっしり」としています。なんだか見ていると妙に落ち着いてきます。忙しなく過ごしている自分を見つめなおすことができます^^;小型犬ではなく大型犬を飼っている人の気持ちがなんとなくわかるような気がします(意味不明)

 

ヒキガエルのウ〇チは掃除しやすい!!

 

最後に飼育していて「ヒキガエルってイイじゃん!」って思ったこと書いていきます。ヒキガエルのおしっこは透明であまり臭いはしないです。ウ〇チもべちゃべちゃしてなくて粘土みたいに固いです。なので、テッシュ又はピンセットなどでヒョイってすぐ片づけられます。

 

これは個体差があるのかわかりませんが、うちのカエル2匹とも、ほとんどお風呂の中でウ〇チするので浮かんできて「水換えしなきゃ!」となり、速やかに掃除できます。そのまま、トイレにいれて流すだけですけどね。

 

ケージの中、自体はほとんど汚れることないです。脱皮の破片とかで散らかりますが、お風呂だけ気にしていればメンテナンスは簡単過ぎるくらいです。

unchi_character

 

【注意】お風呂は1~2日に1度換えよう!

ヒキガエルはお腹から水を吸収するので、汚い水のまま置いておくと、その水を吸収するためなるべく綺麗な水をキープしましょう。ウ〇チ水の後は軽く身体の表面をシャワーで流してあげるのが良いです。

 

まとめ

ということでヒキガエルに対する認識の誤解を力説してきました。魅力もわかっていただけたと思います。他にもたくさんあるのですが、それはお迎えしてからのお楽しむということにしておきますね^^ここまでの内容を整理すると

 

1.ヒキガエルは他の種類のカエルと違ってヌルヌルしていない。

2.ヒキガエルは単独で鳴かないので、近所迷惑にならない。

3.ヒキガエルは「平静を与えてくれる」ペットだ。

4.ヒキガエルは管理しやすい。

 

というポイントになります。いかがでしょうか?ヒキガエル欲しくなりませんか?

 

詳しくは当ブログの「ヒキガエル 飼育」を見て頂ければ幸いです。ここまで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク

-ヒキガエル 飼育